インフォメーション 施設案内 園内地図 アクセス 公園風景 よくあるご質問
Topサイトマップ
施設予約状況
公園風景 はかしぇ

春

ハナミズキ ←管理棟前のハナミズキ
です。園内には
赤色の花が
咲く種類もあります。
ナシ ↓アジュガです。
紫色の小さな花が
這うように広がります。
フジ
→花の斜面には
様々な種類の花が
咲き乱れます。
これはハナビシソウ。
晩秋まで長い間
咲き続けます。
ハナビシソウ ↑フルーツガーデンの
ナシの花です。
アジュガ ↑野球場の藤棚。
毎年見事な花を
咲かせます。
ヒラドツツジ →モザイクのようで
とてもきれいです。
管理棟裏側 →5月の総合公園は
草花でいっぱいです。
公園全景(春1)
↑5月になるとツツジ類が
花を咲かせます。
これは管理棟裏の
ヒラドツツジ。
公園全景(春2) ←花が咲くと公園の景色も
賑やかになり
見ているだけで
楽しくなりそうです。
開花リレー1 ←花の斜面です。
色々な草花がリレーの様に
次々と咲き変わるので
管理者は『開花リレー』と
呼んでいます。
ツマシロヒナギク ←黄色の花の斜面は
ツマシロヒナギクで
一面が覆われています
フランスギク ↓手前がハナビシソウの斜面
向こう側がヒラドツツジの
寄植です。
フランスギク(アップ)
→ポピーには
非常に多くの
花色があります。
ポピー ↑斜面が白い花で
埋め尽くされることが
あります。

フランスギクの
群棲です。
多目的広場を望む ↑フランスギクのアップです。
一つ一つの花が驚くほど
精巧にできています。
プロムナード →5月の初めには
四季の広場で
サクランボの実がなります。
サクランボの実 →これはムベの花です。
アケビに似た植物ですが
残念ながら
実がなったことは
ありません。
ムベ
↑ふれあい橋付近から
公園を見上げた景色です。

青空がとても爽やかな
季節です。
ウメの実 ←ウメの実です。
丸々と太っています。
アンズの実 ←右に同じく
バラ科サクラ属の
アンズの実です。
5月はこれらの
収穫時期です。
ミカン ←ミカンの花も
この時期に咲きます。

これから冬に向けて
実に栄養を蓄えます。
チャイブ ←ハーブ園の
チャイブの花に

蝶がとまりました。
ボランティア
→モモイロヒルザキツキミソウ
と呼ばれる花です。
瞬く間に一面に
広がります。
モモイロヒルザキツキミソウ ↓3つ上の画像と
同じ場所ですが
毎年咲く花の種類が
変わります。
ステラ・デ・オロー ↑総合公園には
ボランティアの方々も
来られます。
主に草抜きなどの軽作業を
お願いしています。
アジサイ ↓野生のアザミです。
とても繊細な花です。
開花リレー2 ↑芝そり広場の上側には
ユリ科の花が咲きます。
一つの花はたった
一日でしぼんでしまう
とのことです。
ハクチョウソウ
↑梅雨の季節が近づくと
アジサイが花を咲かせます。
淡くやさしい花色です。
アザミ →管理棟裏側の広場で
野立て会をされた時の
写真です。
場の雰囲気がガラリと
変わります。
野立て ↑ガウラ(白蝶草)です。
風になびいて
気持ち良さそうです。
ガザニア ←花の斜面には
ガザニアも咲きます。
勲章菊という和名に
恥じない立派な形を
しています。
ユスラウメ ↓ヒマワリを花壇に
植えた時の写真です。
矮性で背丈が高く
ならない品種です。
キバナヒメキンギョソウ
→こちらも花の斜面に咲く
セイヨウノコギリソウです。
セイヨウノコギリソウ ↑ユスラウメの実です。
6月になると枝いっぱいに
実ります。
ヒマワリ ↑キバナヒメキンギョソウ
といいます。
群棲すると見ごたえが
あります。

上へ戻る直前のページへ

はかしぇ

夏

ネムノキ ←イソギンチャクのような
ネムノキの花です。
初夏の夕方に
ひっそりと咲きます。
キキョウ →夏の花壇は
ポーチュラカが大活躍。
強い日照りでも
元気に育ち
花を咲かせます。
ポーチュラカ
→芝そり広場に育つ
ススキに似た
パンパスグラスです。
穂を持って走り回る
子供をよく見かけます。
パンパスグラス ↑ハーブ園のキキョウです。
季節は夏ですが
青と白の花が
とても涼しげです。

サルビア ←花壇の定番は
真っ赤なサルビア。
このまま秋まで
ひたすら咲き続けます。

上へ戻る直前のページへ

はかしぇ

秋

モミジ ←秋が深まり肌寒くなると
木々の紅葉が始まります。
せせらぎ広場のモミジ類が
最も美しいな季節です。
ケヤキ ←モミジの側のケヤキも
負けじと葉の色を
変え始めます。

赤く色付く種類もあります。
ボランティア2
→管理棟のすぐ上に
虹がかかりました。
管理棟と虹 ↓12月に花を咲かせる
ヒマラヤザクラです。
とても控えめな花です。
管理棟とイソギク ↓やっとミカンが実りました。
形・ツヤ共に
とても立派です。
夕焼け1 ←肌を刺すような
寒い日には
綺麗な夕焼けが
しばしば見られます。
ヒマラヤザクラ ↑冬に花が咲く草花は
あまり多くありません。
イソギクは貴重な
冬の草花です。
ミカンの実

上へ戻る直前のページへ

冬

凍みついた園路 ←厳寒期に入りますと
早朝は毎日の様に
凍みつきます。
霜 ←霜が降りると
その年の花はおしまいです。

近づいてみると
ガラス細工の様に繊細です。
夕焼け2
→総合公園に
雪が降りました。
今夜は積もりそうです。
降雪1 →雪はしんしんと
降り続きます。

山間地にあるため
町内の都市部より
雪が降りやすいようです。
降雪2 ↑管理棟から宮島の弥山が
見えました。
積雪1 →雪の公園に
太陽が昇りました。
空気が張り詰めたような
神々しい雰囲気です。
積雪2 ↓春の訪れを告げる
ジンチョウゲです。
辺りには独特の芳香が
漂います。
賑やかな遊具広場
↑やはり雪が積もりました。
雪化粧された公園も
見事なものです。
ユキヤナギ ←ユキヤナギが満開です。
白くて小さな花です。
ジンチョウゲ ↑3月に入り暖かくなると
次第に来園者が
増え始めます。
遊具広場は
大賑わいです。
パンジー ←花壇ではパンジーが
咲き誇っています。
冬の花壇では盛んに
自己主張しています。
デージー →ウメの花が咲きました。
木に咲く花の中では
一番乗りです。
ウメ
→ウメに続いてアンズの
花も後を続きます。
ウメの花より赤みを
帯びています。
アンズ ↑花壇のデージーも
元気に咲いています。
スモモ ←スモモです。
ウメの仲間では最も
遅咲きです。
サクランボ ↓このサクラの種類は
何でしょうか?
答えはシダレザクラ。
近寄ってみると
分からないですね。
ヤマザクラ ↓ちょっと変わった花びらの
サトザクラです。
まるでボンボンみたいです。
ソメイヨシノ
↑この公園のサクラの中で
最も早く咲くのは

実はサクランボの花。
シダレザクラ ↑ヤマザクラです。
原種に近いためか
サクラの中ではおとなしい

品種かもしれません。
サトザクラ ↑サクラの中のサクラ
ソメイヨシノです。
花つきは見事なものです。

上へ戻る直前のページへ

お問い合せ
海田総合公園 管理事務所 TEL 082-824-2433
海田総合公園 指定管理者
株式会社こうこく(管理部) TEL 082-819-0511

©2007 Kaita Multipurpose park. All rights reserved. 許可なく転載を禁じます。